さゆり先生のレッスンで学んだ面白い単語(2022年9月・1回目)

スペイン語のおさらい

ハイキング

ハイキングはスペイン語でsenderismo(センデリズモ)と言うらしいです。
日本からの観光だとなかなかハイキングまで出来ないですね。
でもさゆり先生によりとスペインではハイキングが盛んだそうです。
こういう旅もいいですね。

\スペインでハイキングを楽しむ/

https://www.spain.info/ja/haikingu/

合羽

今日本語として普通に使われている言葉もスペイン語(ラテン語)語源のものがたくさんありますね。
例えばpan(パン)やtabaco(タバコ)がそうですね。
今回レッスンで話題になったのが、雨のときに着る「カッパ(合羽)」
スペインにもマントのような「カパ(CAPA)」というものがありこれが語源だそうです。

\Capa専門店/

カッパ(合羽)の語源になったカパとは? スペイン・マドリードの老舗カパ専門店「カサ・セセーニャ」
日本語の「カッパ(合羽)」の語源になった「カパ(CAPA)」とは、スペインで昔から着られているマントのような外套のこと。 日本のカッパは雨のときに羽織るものですが、スペインのカパは雨具というニュアンスではなく、防寒と装いのために着用されてきました。 今回は、スペインの首都マドリードにあるカパの専門店「カサ・セセーニャ...

しかし、実際に雨具として使うものは

impermeable (インペルメアブレ)と呼ばれているようです。

impermeable

さゆりマリア先生のスペイン語レッスンは・・・

初心者歓迎。どなたでも楽しくご参加いただけます。

\詳しくはこちら/

タイトルとURLをコピーしました